外資系に転職した方が良いという人は存在します。日本の雇用制度に合わないという人について説明しました。

みんなの転職事情と体験談
みんなの転職事情と体験談

外資系に転職した方が良い人の特徴

外資系に転職したい場合は多くの方法があるでしょう。共通していることと言えば日本企業よりも成果主義で給与が高いということです。

日本の企業と言うのは世界的に見ると異質な制度にあるでしょう。世界の中では珍しく正社員の身分が保証されていると言えます。
中々会社の方で首を切れないということがあるでしょう。それが悪いとか良いとかといった話はまた別の話ですが、そういうこともあり成果主義が徹底されていないという側面が日本の企業にあるでしょう。実力があるという人は外資系に魅力を感じる筈です。

会社に多大な利益をもたらしているのにそれ相応の対価が貰えないとなるとどうしてもそういった心理になると思います。
正直な話、そういうことでも問題ないと思います。
別に日本の企業で働くことが決まりである訳ではないのでどんどん転職してしまっても大丈夫でしょう。

外資系はその代わりに転職してもリスクというのはあります。
それはやはり成果が上げられないとなると簡単に解雇になってしまいます。
逆に成果を上げれば給与にしっかりと反映されるでしょう。いずれにしても結果がはっきりしているのでそういう形がはっきりとしているので分かり易くて働き甲斐があるという人にはとても向いているのではないでしょうか。日本企業のように年功序列的なものが色濃く残っている社会に違和感があるという人は外資系に向いています。
そういう日本独特の制度の中で守られるというのも悪いことではないですがもしかするとこれからは日本も外国のようになる可能性もないわけではないのでそれに備えておくということも重要だと思います。

お役立ち情報