近年、外資系企業に転職するということにリスクを感じている人も多くいるのではないでしょうか。

みんなの転職事情と体験談
みんなの転職事情と体験談

外資系企業に転職するということ

完全実力主義のイメージがあるのが外資系企業の特徴であります。
一昔前ほど、外資系企業への転職を希望する日本人ビジネスマンは少なくなったのではないかと思われます。
強烈にシビアなイメージが定着していますので、二の足を踏んでしまうのは仕方ないのかもしれません。
しかし、自分の実力に絶対的な自信を持ち、現在の企業の待遇に不満があるのであれば、一度はチャレンジしたいところでしょう。

一般的に外資系企業に転職をする場合には、ヘッドハンティングされるケースが多いみたいであります。
こうした優秀な人材をスカウトする専門家がいて、これを行います。
この様なヘッドハンティングの対象に選ばれる人材の条件としては、当然、語学が堪能である事と、経営学修士(MBA)の資格を取得しているといったところが高給での招聘へとなるのでしょう。こうして入社した後は、完全実力主義の世界であると言われます。
どちらかといえば、受身型の仕事を行ってきた日本企業出身者にとっては、狩猟型の外資系企業のやり方に戸惑うことも少なくないでしょう。いかにして短期間で、なりふり構わぬ仕事を取りに行く攻撃的な姿勢への転換が、成功する鍵ではないでしょうか。
しかし、こうした風土に馴染めない日本人にとっては早期の挫折になるのかもしれません。

こうした仕事の取り組み方の違いが、そのまま国民文化の違いであるのかと思われます。
こうした文化についても事前に理解しておく必要がありそうです。

いずれにせよ、今後ますます国際間の企業競争が激しくなると思われますので、学生時代から意識して、外資系企業でも通用出来る知識やスキル面の実力を磨いておきたいところでしょう。

お役立ち情報